« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月30日 (土)

大名刺交換会 開催されました @コール田無

今日は、大名刺交換会コール田無でした。

約40名の方がご参加されました。

特にメンタルヘルス系の方、カウンセリングをされる方が
多く参加されていました。

また、初めて会う方々が多かったようで、良い出会いも
生まれたのかなと思います。

商工会の方にもご参加いただいたり、東久留米の方も
ご参加いただいていました。

約2時間はあっという間で、みなさん、猛烈に会話と出会いを楽しんで
いらっしゃいました。

3月7日(日)のきらっとでの「2010 NPO市民フェスティバル」に参加される
団体さんもいくつか参加されていました。

2月1日の西東京市報にも、参加団体募集の記事が掲載されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大名刺交換会 開催 50名が参加予定

明日は ゆめこらぼ大名刺交換会 in コール田無

参加者は50名近くなりました。

ジュースとお菓子などを買って、準備に走りました。

いい出会いがあるといいなぁ、と思いながら寝ようと思います。

名刺を用意できたので明日参加します、という申し込みもありました。

いえいえ、名刺はなくても参加できますよ!

そのことをチラシに入れておけばよかったと反省しています。

明日来る方、よろしくお願いします。

って、このブログ、どのくらいの人が見ているんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月28日 (木)

0円均一 朝日新聞1月28日に掲載(多摩版)

以前から、注目してきた西東京で活動している
美術家、高島亮三さん「0円均一」の取り組みが
朝日新聞で紹介された。→ ashi.com(2010年1月28日)

上記リンクはおそらく3週間くらいで切れてしまいます。

実は、この記事の写真は、ゆめこらぼです。

高島さん、いい写真ですね!

以下、記事より

西東京市在住の美術家、高島亮三さん(37)が、不用になったものを互いに譲渡しあう仕組みを広めようと「0円均一」と記したチラシを製作し、配布している。チラシだけでなくこの仕組みそのものが、国などが主催のエコアイデアを競うコンテストで準グランプリを受賞した。(相関真樹子)

 高島さんは多摩美術大学卒業で、専門は現代美術。昨年の神戸ビエンナーレでは、輸送用コンテナ(奥行き12メートル、幅2.4メートル、高さ2.5メートル)の壁と天井を秒針だけの時計で埋めた作品「LIFE TIMER」を発表している。

 「0円均一」は、アートとして始めたわけではなかった。高島さん自身が、5年ほど前から、不用品を整理し、家の前に段ボールに入れて出すようになった。

 飲食店でもらう子ども向けのおまけ、余った植木鉢、子どもが拾ってきて芽が出たドングリ、新しいやかんを買ったので使わなくなったやかん……。すべて持っていってもらえた。

 不用品を何度か出しているうちに、「百円均一」ショップをヒントに、気軽に不用品を相互利用しあえる言葉として「0円均一」という言葉を「単純明快でいい」と思いついた。赤字に白で言葉を書いたチラシをデザイン。市内の公民館などに置いてもらい、自分の作品を紹介しているホームページからも取り込んでもらえるようにした。

 環境省などが主催し、昨年12月に開かれたエコのアイデアを競うコンテスト「eco japan cup 2009」に参加してみたら、エコアートの分野で、グランプリが該当作品なしとなる中、準グランプリを受賞した。

 高島さんは「エコとかアートとか大上段にかまえたくない。まだ使える、捨てるにはもったいないものを互いに譲り合う仕組みを浸透させる手助けになれば」と話している。

 「0円均一」のチラシは高島亮三さんのホームページ(www.kamisky.jp)からダウンロードできる。問い合わせは高島さん(042・453・5420)へ。

さて、今日は、ゆめこらぼでトークサロン国際交流編が
行われた。

NPO法人西東京市多文化共生センターの山辺さんの
おかげで、とてもいいトークサロンになった。

外国に駐在していた経験のある方や、ご主人の仕事で
外国に住んでいた方、留学経験のある方、今後海外を
目指している方、将来海外で活躍したい高校生など、
いろいろな方が参加してくれていた。

今後、何か始められないか?ということで、有志の方で
メーリングリストを作ろうということになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月27日 (水)

マジでガチなボランティア 映画上映会 in 府中

府中で「マジでガチなボランティア 上映会&石松宏章さん講演会」
が開催される。

2月21日(日) 13:30~16:00

場所 府中市生涯学習センター講堂

対象 どなたでも

定員 250人

費用 無料

合コンとナンパに明け暮れていた医大生が、チャリティ
イベントを開催して、カンボジアに小学校と病院を建てる
までの過程を描いたドキュメンタリー映画の上映と
石松さん本人による講演会を行います。

講演が終わるとき、あなたの人生がちょっと変わるかも!?

以上、チラシより

関連URL マジでガチなボランティア

       マジでガチなボランティアブログ

       府中市HP(映画上映会のページ)

       映像制作のMedia for you(上記映画を作った)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月26日 (火)

協働を考えるシンポジウム

明日は西東京で「協働を考えるシンポジウム」がある。

東京ボランティアセンター アドバイザーの安藤雄太さんが
基調講演をする。

他の市などの協働を推進している人たちがパネルディスカッションを
する。

今日はカツ丼を食べた。

どんぶりものって、どうしてこんなに美味しいんだろうか。

つぶやきでした。

つぶやきといえば、巷でツイッターが流行っていますね。

やってる方いますか?

西東京でやってる方、西東京を盛り上げてください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月25日 (月)

西東京の映画関連の情報 2つ

西東京市の映画関連でいい話を聞いた。

先日1月23日(土)の朝日新聞にそれは掲載された。

日本映画ペンクラブ(映画評論家や映画記者らで作る)

の、2009年度の日本映画ペンクラブ大賞の
奨励賞が西東京シネマ倶楽部の山本恵司代表に
贈られた。

新聞記事はこちら(おそらく3ヶ月後くらいにリンクは切れます)

それと、知り合いから『台湾人生』という映画を教えてもらった。

かなりいい映画らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立川のまちづくり 活性化事例に学ぶ

さあ、今週はイベントが三つ。

大名刺交換会は40名ほどがエントリーしてくれています。

ジュースとお菓子を揃えて、盛り上がりたいですね。

結構、企業の方、自営の方もいらっしゃるようです。

もちろん、市民活動の方、NPOの方や、個人の方も。

楽しみです。

さて、今日は立川の話題。

立川市で面白い試みが始まっている。

立川魔法都市プロジェクト(略して たちぷろ)

TTMさんが、これに関わっている。

今日知りましたが、立川って「新・オタクの聖地」だったんですね。

詳しくはこちらのニュース 「新・オタクの聖地」立川市 街の活性化に成功した理由

そうそう、立川といえば、育て上げネット

僕が以前、働いていた青少年自立援助センターの理事長の息子さんが

理事長をしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月22日 (金)

イベントバンク

去年の11月に以下のブログを書きましたら、イベントバンクの方から
下記のコメントをいただいていました。

全然気づかず、今日、気がつきました。

イベントバンクの米津さん、失礼しました!

これからも、どうぞよろしくお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨日、NPO・市民活動ネットワークでイベントバンク
というサイトを教えてもらった。

全国のイベントやお祭り情報を掲載できるサイト。

(全国イベント情報配信システム)

みなさんも無料で登録、利用ができますので、
よろしければ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

よっしーさん、始めまして、イベントバンクの米津(よねづ)と申します。
この度は、イベントバンクのことを書いていただきましてありがとうございます!
うれしいです。
そうなんです! 当社には全国からNPO様からも、たくさんのイベント情報のご登録があり、Yahooなどに掲載させていただいています。(無料です!)
少人数のワークショップなどでもOKです。
私個人も、NPO法人様やエコイベントなどをもっと読者にお伝えしたいと思っています。
読者に「知っていたら行ったのに~」という後悔をしてほしくないと思っています。

よっしーさん、ご興味を持っていただいてありがとうございます。
無料なので機会があれば、是非ご利用くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月21日 (木)

お前には別の道がある

たまには、コラム風文章でも。

以前、書いた文章をここに転載します。

●釈迦の言葉「お前には別の道がある」。

先日、京都の花園大学の佐々木閑教授が「先人のまなざし」についてこんなコラムを書いていました。

 釈迦は、大勢いた弟子の一人一人の特性をしっかりと見極め、性格に応じた効率のよい修行方法を指導していた。たとえばチューラパンタカというお弟子さん。記憶力が悪くて何も覚えられない。修行しても全然だめ。本人もがっくり気落ちしている時、釈迦は、「無理して覚えなくてもいい。お前には別の道がある」といって、日々の掃除を勧める。言われたとおり、毎日毎日掃除をしているうち、次第に心が澄んできて、とうとう悟りを開いてしまった。融通のきかない、言われたことしかできないチューラパンタカだからこそ、せっせと掃除に励むことで悟ることができる。釈迦の慈愛の目がそれを見抜いたのである。 

なんと私に勇気を与えてくれる話だろうか。

私は自分のことをスタンダードなタイプの人間ではないと自覚しています。どうやら、ビジネス社会で勝ち組になれそうな気配はありません。しかし、だからといってマイナス化思考で、すべてを諦め、人生を投げ出す(悲観的結論を出す)必要なんてないんだ、と思わせてくれる教えです。微力ながらも、一隅を照らす人になればいい。私は、自分の決めた日課をこなすことで「男の花道」を歩もう。そう思います。「自己表現力の育成」「気持ちの整理の手伝い」の二つを私の使命と決めて、それに励めばいいではないか。私には「私の花道」がある。だれもがうらやむエリートコースを歩まずとも、悟りは開ける。毎日毎日、おのれのやるべきことを愚直にたんたんとこなすうちに次第に心が澄んできて、ついには悟りの境地に到達することも可能なのではないか。私はそういう心もちで人生を歩んでいこうと思います。

何かを信じることでしあわせな日々を過ごすことができるのだろう。信じることと、希望をもつことは密接につながっている。信じるものがなにかひとつでもあれば、それだけで人生の半分は「大丈夫」な気がしています。希望を持つためには、なにかを信じることからはじめればいい。

考えを整理するため、考えを深めるために、文章を書くのと似ている。書くことで、ものを考える習慣が生まれ、気持ちが整理されてくる。気持ちを整理することが難しい場合に、書くことによって、気持ちを整理する。

これは、気持ちを変えることが難しい場合に「行動を変えることによって、気持ちを動かす」という心理学の知識を私なりに応用したもの。ニワトリが先かタマゴが先か・・・は永遠の謎。

どちらでもいい。今できることからはじめよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

べてるの家 ニュースタート

知り合いから『退院支援、べてる式』というDVD&ブックを
借りている。

昨日、そのDVDを見た。

このべてるという精神障害者支援施設はすごい。

北海道の浦河という町には年間4000人以上の
人がべてるに訪れる。

浦河という町は、べてるでかなり有名になったのでは
ないか。

ひきこもり、ニート支援のニュースタート事務局がある。

千葉の南行徳にある。

ここもニートたちが運営する店がいくつかある、と
聞いている。実際には、見学に行ったことはないのだが。

関連URL ニュースタート

       べてるの家 べてるネット

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月20日 (水)

アジア植林友好協会 協働シンポジウム

西東京市にあるNPO法人アジア植林友好協会さんが
去年、11月にバリ島で植樹をされました。

とても盛り上がったとは聞いていましたが、
400名以上の方が植樹に参加して、2000本の植林を
行ったそうです。

これはすごいことです。

詳細はこちらのページにあります

環境問題関連URL エコプロダクツ2009(日本最大級の環境展示会)

ちなみに、1月30日に開催される西東京での
大名刺交換会に、アジア植林友好協会の方も参加されるかもしれない。

それと、27日の協働を考えるシンポジウムには、
各地から、とても活躍されている方をゲストに呼んでいます。

調布から、そして千葉の柏市から、そして、東京ボランティアセンターの
アドバイザーの安藤雄太さんも、そして西東京市のNPO法人セプロスの
方も。

いいお話が聞けると思います。

詳しくは こちらのページにチラシがあります。

2月のアドボカシー講座のチラシも出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

僕の好きな写真家 2人 MIZK & 大泉美佳

知り合いにMIZKさん(ミズクさん)という人がいる。

千葉の幕張で活躍する人である。

何をしている人かと言うと、はたと困る。

写真家(フォトグラファー)であり、執筆者であり、
生き方伝道者であり?

と勝手なことを書くと怒られるかもしれないが、
面白い生き方をしている人とだけは確実に言える。

彼の写真がいいのだ。

家族の風景、街並みの写真、昆虫、海、
ポートレイトはさまざま。

彼のブログはこちら FREE STYLE PHOTO

そして、写真といえば、以前、インタビューさせて
もらった大泉美佳さん。

大泉さんもかっこいい写真を撮る写真家。

大泉さんのサイトはこちら

ちなみに僕が以前インタビューしたページはこちら 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サービスグラント 知ってますか?

NPOなどのみなさま、サービスグラントって
ご存知ですか?

NPOのWEBサイト構築や、印刷物制作などを
後方支援してくれるサービスをして、メディアでも
注目されています。

プロジェクトリーダーの嵯峨 生馬(さが いくま)さんは
アースデーマネーの立ち上げにも関わった人。

以下、サービスグラントのサイトから抜粋

みなさんは、いつかどこかで、NPOのチラシやホームページを見て、こう感じたことはありませんか?

「文字が多くて、あまり読む気がしないな」
「結局何が言いたいのか、分かりづらいな」
「この団体、本当に大丈夫なんだろうか?」

ところが、NPOが伝えたいメッセージの中には、いまある社会の課題解決に向けた大切なヒントが、もっといえば、私たち一般市民が、ごく普通に日々を暮らすうえでも知っておくべき重要な事実が、たくさん含まれているのです。
それを、見た目の悪さ、とっつきにくさ、メッセージの伝わりにくさゆえに見逃してしまう。それは、NPOにとっても不幸なことですが、情報の受け手にとっても、ひいては社会全体にとっても大きな損失です。
本当に大切な活動に取り組んでいるNPOが、伝えるべき相手に、正しく情報を伝える。…サービスグラントは、例えばそういうことを、応援しています。

サービスグラントとは、NPOに対してお金を支援する助成金(グラント)と異なり、知恵やアイデア、プロフェッショナルスキル等を提供することによって、NPOの活動を応援するプログラムです。
WEBサイトやパンフレット等の情報発信ツールの制作をはじめとして、NPOに不足しているスキルやノウハウを提供することにより、NPOの認知拡大、ボランティアや支援者の拡大などを後押しし、ひいては、NPOがより自立した形で運営できるような手助けをすることを目的としています。
私たち、サービスグラントは、ご自身のスキルをつかってNPOを応援したいと考えるボランティアのメンバーを募集し、こうしたボランティアのメンバーを5~6人のチームとして編成し、NPOとのマッチングを行い、NPOに対して、WEBサイトやパンフレット等の成果物を提供するまでのコーディネイトをしています。

受け手の視点に立った情報発信を実現し、団体のメッセージをよりクリアにより多くの人に伝えていきたいとお考えのNPOの皆さま、ぜひ、サービスグラントの活用をご検討ください。

自らのスキルと時間をつかってNPOの力になりたいと感じる、心あるプロフェッショナルの皆さま、ぜひ、サービスグラントのメンバーとしてご参加ください。

サービスグラントは、皆さまのご参加を心よりお待ちしております。
サービスグラントとは
サービスグラントの種類
  WEBサイト構築
  印刷物制作
  営業戦略
メディア掲載
サービスグラントQ&A
理事紹介
事務局スタッフ紹介
支援のお願い
お問い合わせ
スキル登録受付中説明会開催

| | コメント (0) | トラックバック (0)

協働を考えるシンポジウム 参加者募集

月に一度の運営委員会だった。

みなさんからいろいろと意見をいただいた。

3月7日のNPO市民フェスティバルにみなさん
来てください。

それと、今月、27日の協働を考えるシンポジウムへの
参加もみなさんしてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月19日 (火)

メールニュース

メールニュースを書きました。

なので、明日かあさって、みなさんに送ろうと思っています。

名刺交換とかしたことがある人などに。

主に、今月、来月のイベント関連についてのお知らせが
多いかな。

そうそう。最近、ツイッターが話題になること多いですよね。

テレビでも取り上げられたり。

でも、なかなかその面白さがわからないって人も周りに多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

通信の原稿を書きました

今日は通信の原稿を書いた。

だいたい500文字くらい。

テーマは、2月27日のアドボカシー講座の団体
フレンチトースト基金について。

映画『クレイマー・クレイマー』について。

編集長にも相談して仕上げました。

そして、夕方からはコミュニティビジネス講座の
受講生の方々が集まって、オフ会的に
話されていました。

盛り上がっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

照り焼きどんぶり

たまには料理の話題でも。

今日は、鶏のモモ肉で照り焼きを作った。

僕は基本的にクックパッドというサイトを参照して

料理をする。

このクックパッド。いいところは、家にありそうな
普通の食材で作れるレシピが多いという点がある。

ちょっとした香辛料とかソースで珍しいものが
レシピのなかに入っていると、それだけで断念しないと
いけないことってありませんか?

ちなみに、今日作ったのは こちらの料理

この照り焼きをグリーンリーフにはさんで召し上がれ、
でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月15日 (金)

3月にはFM西東京の有賀さんを囲んで話し合います

今日は連続投稿しちゃいます。

3月18日の夜7時から8時半にトークサロンを予定しています。

ゲストは、FM西東京の代表取締役の有賀達郎さん。

内容はこれから詰めますが、地域メディアの可能性や役割

そのあたりをみんなで話せたらいいかなと思っています。

こんなこと聞きたい、話したい、というのがあったら
教えてください。

関連URL FM西東京

ちなみに、今月のトークサロンは国際交流編です。

NIMICの山辺さんをゲストに呼んでいます。

現在参加希望は2名(今日から受付開始したばかり)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010 NPO市民フェスティバル

「NPO市民フェスティバル」を3月7日(日)に開催

「2010 NPO市民フェスティバル」を予定しています。市民活動に関心のある市民と市民活動団体とが交流できる場です。

名 称: 「NPO市民フェスティバル」 ~こんな市民活動があったのか!西東京~

日 時: 平成22年3月7日(日) 10時~16時 

場 所: 西東京市南町スポーツ・文化交流センター きらっと 2階イベントルーム

参加費: 無料(参加団体の交流会は実費徴収)

目 的: 市民活動を広く市民に周知し、興味関心を持ってもらうとともに、何らかの形で活動に参加するためのきっかけの場、参加団体同士の交流の場とする。

内 容: (予定)

*参加団体の説明やPRのためのパネル展示を行う。

*メーンステージにおいて団体の発表の時間を設ける。

いまのところ、25団体ほどが参加を表明しています。

2月1日号の市報で団体の募集が掲載される予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アロマテラピー 名刺交換会

先日、アロマトリートメントの仕事を始めて10年以上、
田無でアロマのサロンをオープンして8年の竹中さん

という方(女性)とお会いしました。

いろいろな人の癒しに貢献したい、とお考えのようです。

ご興味のある方に
は、ご紹介します。
お客さんの半数は、西東京の方だそうで、コミュニティに
密着されて営業されています。

何かの参考になればと思い、お伝えします。

それと、いくつか、ゆめこらぼ主催イベントのお知らせ。

すでにご存じの方も多いと思いますが、1月30日の午後に
コール田無で名刺交換会を開催します。今日からの申し込みですが、
現在11名の参加表明メールが来ています。
みなさんも、ここで多くの方と知り合ってもらえたらと思っています。
参加費200円。

詳細は、こちら
http://nishitokyo.genki365.net/gnkn06/mypage/index.php?gid=G0000045

上記URLに、1月27日の「協働を考えるシンポジウム」や1月28日の
トークサロン国際交流編のチラシもPDFで掲載れています。

それと、2月27日(土)午後2時~4時にアドボカシー講座を開催します。
父子家庭支援のフレンチトースト基金のつかごし氏と、西東京花の会の水井氏を
ゲストに呼びます。

関連URL フレンチトースト基金 
http://www.ftfund.jp/
       父子家庭に児童扶養手当ニュース  http://www.47news.jp/CN/200912/CN2009122301000293.html
       NPO法人
西東京花の会 
http://homepage3.nifty.com/hana-nishi-tky/index.htm
       

以下、ニュースサイトより~

父子家庭にも児童扶養手当 障害者サービス無料化も 
 長妻昭厚生労働相と藤井裕久財務相は23日、2010年度予算の折衝で、低
所得の母子家庭に支給されている児童扶養手当を、来年8月分から父子家庭にも
支給することで合意した。来年度予算案に必要財源約50億円を盛り込む。新た
に支給対象となる父子家庭は約10万世帯の見込み。

 障害者自立支援法に基づく訪問介護などの在宅・通所サービスで、市町村民税
非課税の低所得層を対象に自己負担(月額上限1500~3千円)を無料にする
ことでも一致、110億円を盛り込む。

 12月に復活させた生活保護の母子加算は、来年度も継続が決まり、180億
円を計上。肝炎患者の治療費の負担軽減でも180億円を充てる。

 児童扶養手当は支給月が4、8、12月で、実際に父子家庭への支給が始まる
のは来年12月。8月からの4カ月分が支払われることになる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年1月14日 (木)

パリテまつり 大名刺交換会

西東京市のパリテってご存知ですか?

住吉会館ルピナスの中にあります。

うう。ややこしいですね。

パリテは男女平等を推進するセンター。

そのパリテで、2月7日から19日にパリテまつりが

あります。今年2回目です。

そして、講演会『あしたの老いは大丈夫か』樋口恵子さん
があります。

関連URL NPO法人高齢社会をよくする女性の会

さて、1月30日にコール田無で開催する大名刺交換会
参加申し込みがもうじき(1月15日から)始まります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月11日 (月)

ホームレス支援? べてるの家

新聞記事でホームレスの方が川沿いで鶏を飼ったり、
野菜を育てたりしていた。

それを東京都の担当者がやめるように言っているらしい。

これを読んで、こういうホームレスの方は、自給自足の力がある。

そして、こういう人をリーダーにして、使われていない農地を
使って、ホームレスの人たちで共同生活を展開してもらったら
いいのではないだろうか。

そうそう。北海道の浦河のべてるの家では、昆布などを販売して
年商が1億円を超えている。

べてるは、精神障害者の施設。

精神障害者の施設で町が活気づいている。
多くの視察団が浦河の町にやってくるからだ。

関連URL べてるの家

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 9日 (土)

NPO市民フェスティバル 大名刺交換会

3月7日(日)に行なう「2010 NPO市民フェスティバル」の
実行委員会を行なった。

山中さん、有馬さん、水井さん、小松さんにご参加
いただき意見を出し合っている。

会場は、体育館のきらっと 2階のイベントルーム

時間は朝10時から16時まで。

市民活動団体さんなどがパネル展示や、団体の
活動発表をしてくれる。

ここがきっかけで団体同士の横のつながりが
生まれたり、団体に新しく参加する人が増えたり
する機会になればと思っている。

2月1日号の市報に参加団体募集の記事が載る。

それと、今月、1月30日に、大名刺交換会を開催する。

こちらへの参加も受け付けている(厳密には1月15日から
の受付)

ここでもいろいろな出会いが生まれることを願っている。
場所はコール田無のイベントルーム。参加費200円。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木)

高齢者大学

先日、高齢者大学があった。

講師は、NPO法人世界の子どもたちに暖かいセーターを送る会の
小林すみ子さん、田無朗読ボランティアの会の甲斐孝子さん。

とてもいいお話を聞くことができた。

家庭に使っていない毛糸が眠っていませんか?という
質問に対して、会場の多くの方が手を挙げていた。

へぇ、そんなに毛糸が眠っているんだ。

これが僕の率直な感想だった。

アフガニスタンやモンゴルの子どもたちが寒さに
苦しんでいることもある。

一方で、東京でも寒空のした、ホームレスの方々が
苦しんでいる。
そういう方たちを支援することも必要だよなぁ
と思ったりもした。

歯磨きプロジェクトという活動をご存知ですか?

これも画期的なホームレス支援の一形態です。

いろいろと、支援のカタチというのは無限に作れそうです。

ブログ版 東京ホームレス

東京ホームレス 歯磨きプロジェクト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »